新宿ED治療トップ » レスベラトロール処方

レスベラトロールのED改善効果 | ED治療の新宿西口クリニック

レスベラトロールとは

レスベラトロールはブドウの皮や赤ワイン、落花生の種皮、植物ではイタドリやツルドクダミなどにも含まれるポリフェノールの一種です。 2006年11月、英国の著明な学術誌である「Nature」に哺乳類での延命作用が発表され一躍注目を集めました。 赤ワインの消費量が世界一であるフランス人が高脂肪食なのにもかかわらず心血管系の病気が少ない "フレンチパラドックス"の鍵を握る成分ではないかとされています。 動物実験により様々な効果が期待できることがわかっていますが、ヒトでの研究においても 徐々に効果が実証されはじめています。

レスベラトロールの主な働き

レスベラトロールには様々な効果がありますが、主に挙げられるものには以下のものがあります。

  • ED改善作用
  • アンチエイジング効果
  • 脂肪の抑制作用
  • 糖尿病・心臓病の予防、改善効果
  • 抗ガン作用

ED改善効果について

レスベラトロールは、ED改善の効果があります。 大阪大学大学院の研究チームは、動物実験の結果から、レスベラトロールには男性のED(勃起不全)を改善する効果があると発表しました。 実験内容は、糖尿病でED状態になったラットにレスベラトロールやED治療薬を4週間投与し、その後の勃起機能を調べるというものです。 正常なラットの勃起機能を100%とすると、何も与えないEDのラットでは20%にまで低下します。 それに対し、レスベラトロールのみを与えたラットは80%、ED治療薬(レビトラ)のみを与えたラットは70%にまで勃起機能の改善効果が見られました。 さらに、レスベラトロールとレビトラの両方を与えたラットでは120%と、正常なラットの勃起機能を上回る結果が出ました。 また、レビトラだけでなく、バイアグラを与えた場合でも同じく勃起機能の改善効果が見られました。そして、糖尿病以外の原因によるEDの場合でも効果があると考えられています。

1カプセルに100rのトランスレスベラトロールを含有

レスベラトロールは化学構造の違いでトランス型とシス型に分けられます。 レスベラトロールには様々な効果があると発表されていますが、その研究の多くにはトランスレスベラトロールが使用されており、サプリメントで摂取する際にもトランス体である方がより効果的です。当院で処方しているレスベラトロールもトランス体のものになります。

医療機関専用のサプリメント

当院で処方しているレスベラトロールは、サプリメントではありますが、市販されているものと比べて高濃度のため、医師による処方が原則です。 そのため当クリニックでは、問診表をご記入の上、患者様の症状を問診した後に処方しております。

アンチエイジング効果について

レスベラトロールには、ミトコンドリアを増加・活性化させる働きがあります。 ミトコンドリアには、酸素や糖などを細胞のエネルギーに変える働きや、活性酸素を抑える働きがあり、若さと健康の源であるとも言われています。 また、老化の原因の一つと言われているテロメアが短くなっていくのを遅らせ、細胞の老化を抑制する働きが期待されています。

脂肪の抑制効果

レスベラトロールには、インスリン抵抗性の改善や、高脂肪食摂取による悪影響からの保護作用があると過去の動物研究より報告されています。 最近では、脂質蓄積の原因となる「PDE4(フォスフォジエステラーゼ4)」の働きを阻害し、「サーチュイン」と呼ばれる脂肪の燃焼を促す遺伝子を活性化させる作用があるとされています。 これは人間においても効果があることが、Patrick Scrauwen氏らの研究によって明らかになりました。

糖尿病・心臓病の予防、改善効果

食後の高血糖の改善、動脈硬化の予防、インスリン感受性の改善など、 糖尿病や心臓病に対しても効果があることが報告されています。

お薬
検査
アクセス
アクセス
詳しい地図はこちら
診療時間
診療時間