AGA治療の新宿西口クリニック
新宿ED治療トップ » プロぺシア処方

ジェネリックプロペシアについて

プロぺシア+ミノキシジル(AGA治療薬) アボルブ(AGA治療薬) アロビックス(AGA治療薬)

プロぺシア処方 | 新宿西口クリニック | 東京西新宿

AGA治療薬プロぺシア

プロペシアとは

プロペシア(一般名:フィナステリド)は米国メルク社が開発した飲む男性型脱毛症治療薬です。すでに世界60カ国以上で承認、販売されており 多くの方に毛髪の改善効果をもたらしています。薬局などでは市販されておらず服用するには医師の処方が必要になります。

プロペシアの効果

早い方ですとプロペシア服用後、3ヶ月ほどで毛髪の改善効果が出る場合もありますが、効果の有無を確認するまでは最低6ヶ月は服用を継続する必要があります。 なお服用を中止すると効果は無くなりAGAが進行します。

頭頂部の毛髪変化

皮膚科学会最高ランクのA評価

日本皮膚科学会は男性型脱毛症治療薬をその有効度に分けて5段階評価しています。その中でプロぺシア(一般名:フィナステリド)は最高ランクのA評価(男性型脱毛症に対してプロぺシアによる治療を行うことを 強く勧める)に認定されています。また学会のみならず、専門医をはじめとした多くの医療関係者もプロぺシアの有効性を認めています。

前頭部の毛髪変化

アロビックスとの併用で毛髪改善効果↑↑

一般に薬剤は作用機序の違う薬を組み合わせることで効果が増大します。例えば高血圧の治療ではカルシウム拮抗薬やアンジオテンシンU受容体 阻害薬、利尿剤といった薬を組み合わせることで降圧効果を高めます。 脱毛症治療でも同じことが言え、作用機序の違うプロペシアとアロビックスの併用はさらなる毛髪の改善効果が期待できます。

アロビックス

プロぺシアを6カ月以上続けた方の約90%が効果を実感

満足度調査

プロペシアの適応

プロペシアの適応は成人男性における男性型脱毛症(AGA)のみです。したがって、女性の方、未成年の方、成人男性でも円形脱毛症の方など には適応はありません。

服用方法

1日1回1錠を毎日服用します。服用時間は食前でも食後でも、朝でも夕でも寝る前でもかまいません。例えば夕食後など毎日決まった時間に服用することをお勧めします。

服用時の注意点

プロペシア服用中は献血をしないでください。プロペシア服用中は前立腺がん検診などで測定されるPSAが約50%低下します。検診を受ける際はプロペシアを服用していることを 必ず医師にお伝えください。妊婦、妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性はプロペシアを服用しないでください。

副作用

プロペシアの副作用には性欲減退や勃起障害(ED)があります。その頻度は約1%と少ないですが、気になる 方は医師にご相談ください。またまれに肝機能障害などの副作用が出る場合があります。全身倦怠感など の症状が出た場合には直ちにプロペシアを中止して医師の診察を受けてください。

簡単な問診で院内処方

当院では不必要な検査等は行っておらず診察は問診が中心です。また院内処方のため、お会計と同時にお薬をお渡しします。 院外薬局に行く必要はありません。

安心のMSD純正品

近年、プロペシアの模造品や偽造品が多く出回っておりますが、当院で処方しているプロペシアは厚生労働省認可のMSD純正品です。

費用はお薬代のみ

初診、再診含め診察料は無料です。料金はお薬代のみでその他の費用は一切かかりません。

お薬
検査
アクセス
アクセス(東京都新宿区西新宿1-18-16野村ビル8F)
詳しい地図はこちら
診療時間
診療時間